市販のミニ四駆を、スマホで操作できるラジコンに改造できる夢のキット
「bCore(びーこあ)レーサー」

bCore(びーこあ)レーサーとは

皆さんがよくご存知の普通のミニ四駆は、電源を入れるとまっすぐ走り出し、
レースなどでは決まったコースに沿って走るよう作られている楽しい自動車模型です。

でも、そんなミニ四駆を「コースの外でも自由自在に走らせたい!」と夢見たことはありませんか?

私達は、そんな皆さんの夢を叶えるため、
ミニ四駆をラジコン化するキット「bCoreレーサー」を開発しました。

従来のミニ四駆は前に走らせる事に特化した玩具ですが、このキットを取り付けることで、普通のミニ四駆が…

「走る!」
「曲がる!」
「止まる!」

それらを、

「スマホから操作できる!」
そんな夢を実現できるキットが「bCoreレーサー」です!

スマートフォンアプリから「走る!」「曲がる!」「止まる!」


bCoreレーサーの仕組み

bCoreレーサーキットはスマホと通信するための小さなコンピュータ「bCore MX」と、まっすぐにしか走らないミニ四駆を、左右に曲がれるようにするための「ステアリングキット」の2種類のパーツで構成されています。

1)小さなコンピュータ「bCore MX」とは?

「bCore MX」はbCoreレーサーの心臓部で、ミニ四駆のモーターをラジコン自動車のアクセルのようにコントロールすることができます。BLEモジュールと周辺回路を組み込んだ超小型基板で、誰もが簡単にスマートフォンなどからモーターを無線コントロールすることを目的に開発されたモジュールです。

スマートフォンアプリから「走る!」「曲がる!」「止まる!」


2)「ステアリングキット」とは?

まっすぐにしか走らない市販のミニ四駆を曲がるようにするための、完全オリジナル設計のパーツです。小型サーボモーターで舵角を変えることができ、ねじ止めなしに簡単に取り付けることができます。

左右に曲がるための「ステアリングキット」

これら2つのパーツを市販のミニ四駆に追加することで、スマートフォンアプリから無線操作をすることができるようになります。もちろん、組み立てにはハンダ付けやプログラミングなどは一切不要です。簡単な組み立て作業で、お持ちのミニ四駆をラジコン化できます!

※ステアリングパーツの取付けにより、車種によりボディ(外装)およびシャーシの加工が必要となる場合があります。

※対応するシャーシは「SuperⅡシャーシ」「MAシャーシ」です。


3)ヘッドライトが光る!

今回のbCoreレーサーキットにはLEDヘッドライトセットが含まれます。bCore MXからLED製のヘッドライトを制御することができ、点灯消灯はアプリからコントロールできます。薄暗い場所でのナイトレースなど、さらに気分が盛り上がるギミックです!

※ミニ四駆の外装にヘッドライト用の穴を開けるなどの加工が必要です。


bCoreレーサーの特徴

1)自由自在にどこでも走れる

ミニ四駆のコースから飛び出し、ラジコンカーのように自由に走らせることができます。ぜひ皆さんのお部屋やオフィスなどでレースを楽しんでください。


2)スマートフォンアプリから簡単操作

操作はスマートフォンのアプリで行います。直感的な操作が可能で右手でアクセル、ハンドルのように左右に傾けてステアリングを切ります。

右手で前進後退の操作

ハンドル操作は左右に傾ける

スマートフォン用のアプリは、iOS用は「bDriverMX」、Android用は「bCore Driver MX」をそれぞれ用意しています。もちろん無料でダウンロードできるアプリです。


3)簡単に組み立てることができ、ミニ四駆本来の拡張性を損なわない

bCore MX基板は、モーターとシャーシの間に専用のフレキ基板を挟み込むことにより取り付けることができ、シャーシを切ったり削ったりするような追加工の必要が無く、とても簡単です。

bCore MXを取り付けた状態

ステアリングキットはミニ四駆の前輪部分にねじ止めなしで取り付けることができ、複雑な改造なしに簡単にハンドルを切れるbCoreレーサーに改良することができます。

ステアリングキットを取り付けた状態


4)人気の2種類のシャーシに対応します(SuperⅡシャーシ、MAシャーシ)

ミニ四駆には、ベースとなる数種類のシャーシがありますが、bCoreレーサーは「SuperⅡシャーシ」と「MAシャーシ」に対応するキットをそれぞれ開発しました。どちらも車種が豊富で、人気のあるシャーシです。
※ステアリングキット追加で車体前部のボリュームが大きくなるため、車種によりボディ(外装)の加工は必要になる場合があります。

【市販のカスタムパーツ取り付け例】
bCoreレーサーは市販されているミニ四駆のグレードアップパーツの搭載を妨げることがありません。お好みのカスタマイズを楽しむことができます。
※改造用の強化モーターの変更はできません(bCore MXが過電流で故障する可能性があります)

【bCoreレーサーボディの加工】
※ステアリングにより前輪タイヤハウスの前後を大きくする加工が必要です
※ボディ形状によっては、ステアリング機構と干渉する場合があります
※サーボハウジングにはLEDヘッドライトを取り付ける溝を設けていますが、お好みのボディを被せる場合は、LEDの位置に穴をあけるかボディに直接LEDを取り付けるなどのカスタマイズが必要です

よくある質問(FAQ)

Q:組み立ては簡単ですか?小学生でも作れますか?
A:組み立てマニュアルや動画を用意いたしますので、誰でも簡単に作れます。小学生でも大丈夫ですが、ミニ四駆好きの親子で一緒に作って楽しむことをお勧めします。

Q:他のシャーシに対応できるキットは登場しますか?
A:今のところはありませんが、皆さんのご要望により企画いたします。

Q:ベースのミニ四駆を加工せずにbCoreレーサーに改造できますか?
A:シャーシの切断や追加工は一切必要ありません。ただし、ステアリングキット追加で車体前部のボリュームが大きくなるため、車種によりボディ(外装)の加工は必要になる場合があります。