ユーザ用ツール

サイト用ツール


ja:specifications:protocol

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
最新リビジョン 両方とも次のリビジョン
ja:specifications:protocol [2015/10/10 17:26]
Guvalif
ja:specifications:protocol [2016/04/22 04:47]
127.0.0.1 外部編集
ライン 45: ライン 45:
  
 **Attention!**  ​ **Attention!**  ​
-後方互換性のために**$MP**も利用可能ですが、[[deprecated]]扱いです。+後方互換性のために**$MP**も利用可能ですが、**非推奨**扱いです。
  
 |タグ|役割 ​                 |最小値(dec)|最大値(dec)|フォーマット ​           | |タグ|役割 ​                 |最小値(dec)|最大値(dec)|フォーマット ​           |
ライン 61: ライン 61:
  
 **Attention!**  ​ **Attention!**  ​
-後方互換性のために**$MS**も利用可能ですが、[[deprecated]]扱いです。+後方互換性のために**$MS**も利用可能ですが、**非推奨**扱いです。
  
 *examples*  ​ *examples*  ​
ライン 118: ライン 118:
  
 **Attention!**  ​ **Attention!**  ​
-[[deprecated]]扱いです。ver.1.2.0では廃止予定なので、基本的に後述の**>​MH**,**>​MF**を使用してください。+**非推奨**扱いです。version ​2.xでは廃止予定なので、基本的に後述の**>​MH**,**>​MF**を使用してください。
  
 |タグ ​             |役割 ​                    ​|最小値(dec)|最大値(dec)|フォーマット ​           | |タグ ​             |役割 ​                    ​|最小値(dec)|最大値(dec)|フォーマット ​           |
ライン 259: ライン 259:
  
 ``` ```
-+
- "​settings": ​+
- + "max": <​integer>,​ 
- "joint": <​integer>,​ + "min": <​integer>,​ 
- "MAX": <​integer>,​ + "home": <​integer>​ 
- "MIN": <​integer>​, + }, 
- "​HOME":​ <​integer>​ + ... 
- }, +]
- ... +
- ] +
-}+
 ``` ```
  
ライン 285: ライン 282:
 ``` ```
  
-その際、motion.jsonと同様な形式のJSONが出力されます。+その際、motion.jsonと同様な形式のJSONが出力されます。([詳細](https://​github.com/​plenprojectcompany/​PLEN2/​tree/​master/​motions))
 ただし、"​device"​に対応する値は**string**ではなく、 ただし、"​device"​に対応する値は**string**ではなく、
-device_map.jsonで定義されているようなIDの**ineteger**です。+[device_map.json](https://​github.com/​plenprojectcompany/​plen-ControlServer/​blob/​master/​control_server/​device_map.json)で定義されているようなIDの**ineteger**です。
  
 ### <VI (バージョン情報のダンプ) ### <VI (バージョン情報のダンプ)
ja/specifications/protocol.txt · 最終更新: 2017/01/05 10:44 by Guvalif